Panekit

パネキットモデル展示場


ギャロップU オンロードレース用モデル
スクリーンショット(クリックで設計図表示) 今のところのワシの最高傑作と思われる。
カーブしながら加速する強者。
各種オンロードレース、およびスキー・スケートは
コイツ単体でLevel2が余裕でクリア可能でした。
色は赤〜黄緑のグラデーションにしてありますが
知り合いからは「色合いがくどい」といわれた。

「T」はお蔵入りと言うことで・・・
アラウンド VTOLもどき
スクリーンショット(クリックで設計図表示) スクリーンショット(クリックで設計図表示) 何か適当に作ってたら適当にできたモデル。
ジョイントは全てXジョイントで、謎の機構で
上昇下降を行う。そのせいか、飛行性能はいまいち。
本人もよく分かっていない、華麗(?)なる変形を
是非一度はご覧ください。
Vボーン 「きょうしゅうじょ」専用モデル
スクリーンショット(クリックで設計図表示) パネキット難関競技の一つ、「きょうしゅうじょ」。
それを制覇すべく製作されたのがこのモデル。
ホイールベースは4pm、四輪操舵は標準装備。
さらに垂直に立てられたメインフレームが
横滑りを防止。

やたら小回りが利く分扱いづらいかもしれないが
人が作ったモデルなんて得てしてそんなもんだと思う。
オゾン やたら普通な飛行機
スクリーンショット(クリックで設計図表示) 何となく思い立って作った飛行機。
パネルが全て直角の曲がりであるせいか
真横になっても安定したまま飛んで行く。
ワシの作る飛行機は何故か
「高出力・安定・競技に不向き」の
三点を兼ね備えているのだが
こいつはその最たるものといえるだろう。

青いから「オゾン」(そのまんま
フェザー 奇怪な形の飛行機
スクリーンショット(クリックで設計図表示) 上のオゾンの直後に作った飛行機。
何故か「全翼機」という言葉が頭から離れず
気が付いたら奇怪な形になっていた。
調整の結果(動きは)わりとまともになったが。
傾いた状態で飛んでいるとさながら
ひらひらと落ちてくる羽根のように
揺れる、というように取れなくもない。

白いから「フェz(ry
バレット 見た目重視系飛行機
スクリーンショット(クリックで設計図表示) 単色系ギア無し飛行機第四弾。(赤)
珍しく見た目重視の飛行機に挑戦。
何となく戦闘機っぽいシルエット。
外見を意識したせいか、上の3機とは違い
操作性はいまいち。不安定だし。
弾丸みたいに飛んでいく、という願いを込めた名前。

自動きりもみ機能付き。
スパロー 小型飛行機
スクリーンショット(クリックで設計図表示) 懲りずに単色ギア無し飛行機。(黄色) 通算5機目。
十字型の骨組みを作ったあと、くっつけて動かして
調節したらできあがりました(意味不明)。
コアを含めて、総パネル数18。
ワシの作った飛行機の中では(グライダー用を除くと)
一番小さいかも知れない。の割には結構安定している。

スパローってのは、雀の意味です。小さいから。
ルシファライザー 「こうどかくとく」専用機
スクリーンショット(クリックで設計図表示) 久々に作った競技向けモデル。無操作。
最高上昇速度361kpm/hという、ワシの作品としては
なかなか良い出来。
(このモデル完成直後、しらこく氏のモデル「2000」を試してみたところ上昇速度カンストしていたりして泣けた。Zジョイントに負けとる・・・・)
見る角度によっては(下のスクリーンショットのように
コアが本体から浮いているように見えるので、結構好き。
(環境によってはどうやってもそう見えない可能性もありますが)

「ルシファー」+「ライザー」で「ルシファライザー」
今考えてみると厨二ネームまっしぐらだな!
スレイプニル 汎用レースカー
スクリーンショット(クリックで設計図表示) ポストギャロップUを目指して制作された車。
ステア+ラダーの2段階。
オンロードレースでこそ負けるものの、空中姿勢が
安定しているのでオフロード・ラリーに使用可能。
どちらもLv2クリア可能かと。
斜面と平行に走るのは苦手。すぐ転ぶ。

名前は友人につけてもらった。馬つながり、ということで。
ランディー オンロードドリフトカー
スクリーンショット(クリックで設計図表示) 発掘された昔のメモリーカードにあった車。
通常走行モードとドリフトモードを切り替え可能で
ブースト状態であれば、324kpm/hの高速ドリフトができる。
なかなかのじゃじゃ馬なので、乗りこなすにはかなりの
「ドラテク」が必要と思われる。

・・・実はこのモデルの名前には
非常に恥ずかしい勘違いが込められているのだが
それを此処に記すには余白が狭すぎるので割愛する。
クロガネ改 レースカー
スクリーンショット(クリックで設計図表示) 上のランディーなどと同時期に作成した、金属名前シリーズのうちの一つ。
ジェット無しでの走行を前提として、いろいろと実験しながら組み上げたモデル。

を、思い出したように引っ張り出してきて改良したもの。なので改。
電力供給を改善するだけで速度が段違いになると改めて思い知った。

金属名前シリーズは他に「アカガネ」とか「コガネ」とかあるけど、そちらは
あまり特徴的なところがないので、紹介する機会は多分ない。
アメジストJ 小型レースカー
スクリーンショット(クリックで設計図表示) コンセプトとしてはクロガネと同様で、ジェット無しでの
レースカーの作成を試みたモデル。
非常に操作性が良く、中級・上級レースでのコースアウトリタイアが
ほとんどない。(ワシが操作に慣れているというのもあるだろうが)
今の一番のお気に入りのモデル。